ネットでお小遣いのすすめへようこそ! ネットでお小遣いのすすめ
サイトマップ l ホームへ戻る
布製ブックカバーの作り方(スライドタイプ)

スライドタイプの布製ブックカバーの作り方をご紹介!

大事な本やお気に入りの本にブックカバーをかけませんか?こちらのページでは、スライドタイプの布製ブックカバーの作り方をご紹介します。例として、文庫本用のブックカバーの作り方をご紹介していますが、コミックや文芸書用でも応用して作成することができます。ミシンが無くても手縫いでちくちくとすぐ作れるので、布製ブックカバーの作り方をお探しの方がいらしたら、ご参考になれば幸いです(^^)

ページ移動→ 本をお得に買う方法 l 無料ブックカバー情報 l 紙製ブックカバーの折り方 l 布製ブックカバーの作り方

【 差し込みタイプの作り方 l スライドタイプの作り方 】

→ 布製ブックカバーを作る準備をしよう 例:文庫本用
スライドタイプの布製ブックカバー

スライドタイプの布製ブックカバーの作り方をご紹介します。

差し込みタイプの作り方はこちら
(スライドタイプと同じ布幅で作れます)
文庫本サイズ

文庫本の場合、本の大きさ=縦14.8cm、横10.5cm、厚み+αサイズが多いようですが、まれにサイズが違う場合もありますので、まずは本の実寸サイズを測って調べて下さい。今回は、上記サイズでのブックカバーの作り方をご紹介します。
用意する布のサイズ

用意する布幅(※下記参照)については、縦(C)…14.8cm+余裕分1cm=約16cm、横(A)…22.5cm+余裕分1cm=23.5cm、横(B+B)…表紙差し込み部分6cm+6cm=12cmが必要です。それに縫いしろ分を+α足して布をカットします。
↑ページ先頭へ
準備をしよう!
※用意する布幅について
縦(C)…本の縦実寸サイズ+余裕分1〜2cm(布の厚みで調整)、横(A)…本の横実寸サイズ(本の前面+後面+厚さ)+余裕分1〜2cm(布の厚みで調整)、横(B+B)…表紙差し込み部分(右5〜6cm+左5〜6cm)、それに縫いしろ分を+α足した布幅が必要です。同じ大きさにカットした布生地を、ブックカバーの外側用と内側用で、計2枚ご用意下さい。

※用意するテープについて
用意した布幅の縦サイズより、少し長めのテープを2本ご用意下さい。同じ布生地でテープを作っても良いし、市販のリボンやチロリアンテープでもかわいいですよ^^


→ ブックカバーの左右上下部分を縫う
テープをはさんで四方をぐるっと縫う

【1】同じ大きさの布を、ブックカバーの外側用と内側用で2枚用意します。布の表生地同士を内側に合わせます。合わせた布の間にテープをはさみ(※下記参照)、四方をぐるっと縫い、一カ所だけ返し口用に何cmか縫わずに空けておきます。
返し口から布を表に返す

【2】縫わずに空けておいた部分から、布を引き出して表に返します。表に全部返し終わったら、形を整えます。
形を整えるとこんな感じ

【3】形を整えると、↑こんな感じになります。最後に、縫わずに空けておいた部分を、布を交互にすくって縫い閉じます。
↑ページ先頭へ
テープの位置を見てみよう!
※テープをはさむ位置について
テープをはさむ位置については、大体9〜10cmと書いていますが、布の間にテープをはさんだ状態で、折り返し部分(6cm)を軽く内側に折ってみて、折り返し部分を押えられる位置にテープがきていればOKです。テープの位置は、お好みで調整して下さい。

※テープの長さについて
テープの長さを3〜5mmくらい長めに入れて縫うと、本にカバーをかける時に、テープの間に折り返し部分を入れやすく出来上がります。余裕分は、布の厚みに応じて調整して下さい。


→ 布製ブックカバーの出来上がり!
表紙をはさむとこんな感じ

差し込むと↑こんな感じになります。
上から見るとこんな感じ

上から見ると↑こんな感じになります。
【4】スライドタイプの布製ブックカバーの出来上がりです。2〜3枚ブックカバーを作ると、ブックカバーを作るコツがつかめてくると思います。注意点は、布の厚みに応じて、テープの長さを調整することかな?

このブックカバーの作り方も、リバーシブルで使えるので、両面の布柄を楽しめます。お気に入りの布を見つけて、自分好みにいろいろアレンジしてみて下さいね^^
↑ページ先頭へ
ホームへ戻る
当サイト内の文章・画像・構成・デザイン等の無断転載・複製(コピー)を一切禁じます。
Copyright(c) 2003-2017 ネットでお小遣いのすすめ All rights reserved.